« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

一歩一歩段階を踏んで成長

私の古くからの友人が、下記のメールを送ってくれました。
とても素晴らしいので、披露致します。
 
自分が砂漠にいると想像して下さい。
のどが渇いていて、早くオアシスにたどり着きたいと思っています。
「オアシスはどこだろう?」

そこで、あなたは右のポケットに手を突っ込んでみます。
すると、砂漠の地図が入っていました。
地図には、オアシスの位置もはっきりと記載されていました。

そして、左のポケットに手を突っ込んでみると、方位磁石が入っていまし
た。
磁石があれば、東西南北も正確にわかります。

あなたは「これでオアシスに向かえる!」と思いますか?
いえいえ、もう一つの条件がそろわないと、あなたはオアシスに向かえま
せん。

その条件とは何でしょうか?

そうです、「自分がいる位置を知る」ことです。
地図と磁石があっても、自分の現在地がわからないと、動き出すことがで
きないのです。

つまり目標が明確になったら、

「その目標に向けて、自分が現在どの位置にいるのか?」

を知ることが大切です。

別の例で説明します。

他人から批判や攻撃をされた時の反応の仕方で、自分の人間性がわかるそ
うです。

三流の人は、批判・攻撃をされたら言い返す。

二流の人は、批判・攻撃に対して我慢をする。

一流の人は、批判・攻撃が気にならない。

さらに超一流というのがあるそうです。

超一流の人は、批判・攻撃をしてきた相手の幸せを祈ってあげる。

さて、「攻撃してくる相手の幸せを祈れるような、寛大な人になる」とい
う目標を立てた人がいたとします。
もしその人が、昨日までは批判・攻撃に対して言い返してきた人(=三流)
だったとしたら、今日からいきなり相手の幸せを祈る(=超一流)ことを
目指すと、挫折してしまいかねません。

自分の現在地を認識せずに、高すぎる理想を自分に課してしまうと、思う
ような結果が得られないので、長続きしないのです。

まず最初のステップとして「我慢できるようになる」ことを目指し、次に
「気にならないようになる」ことに進み、その次に「相手の幸せを祈る」
というように段階的に進むと、無理なく前進していけます。

目標を決めたら、「自分の現在地」を明確にし、その位置から目標までの
計画を立てるのです。

「現在地から目標に向けて、段階的に小さなステップを踏んでいく
こと」を、「ベイビーステップ」と言います。
赤ちゃんが一歩一歩段階を踏んで成長していくことにたとえた言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の目的目標???

先日、知人宅で、素敵な話を聞きました。

人生の目的・目標のお話です。
そのお話をちょっとご紹介scissors

おとぎ話と思って読んでみて下さい

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

人間が死んだら、

あの世に行くそうですが、

そこには閻魔大王が

天国行きか地獄行きか

決める為に必ず

お尋ねするそうです。

「貴方が人間界で生きてきた

人生の目的/目標は?」


「そして、その為に

何をしてきましたか?」


殆どの人はちゃんと話せない

かもしれません。

でも、それが出来る方法が

あるそうです。

それは…

今、この世に生きている間に 

まず、

今まで生きてきたことで

ワクワクshineルンルンshine

した出来事のベストテン

書いてみる。

それから、次に、

何でもいいから能力ベストテン

を書いてみる。

それらを見比べてみると

自分の目的・目標がわかって

きて、そうしたら、今何をしたらいいか

おのずとわかってくるそうですshine

そうすると、人生も運命も

明るくなるそうですheart04

私も早速やってみようheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »