« 家の周りにあるモスク① | トップページ | アブダビの友人にお茶に誘われて »

今でも忘れられない恥ずかしい思い出…

私が小学校2年生か3年生の時、いまだに忘れられない
恥ずかしい思い出がある。

 
家から歩いて約30位離れた所に、我が家族は家庭ガーデ
ンを持っていた。日曜日になると家族でそこにガーデニ
ングに出かけていた。毎週姉弟3人皆ウキウキワクワク
楽しみにしていた。ガーデニングの場所は森林の中を通
っていくのでハイキングにも良い。

家から約15分程登り坂を歩き後数mで登りきる坂道で、
父は突然、

『あっ!しまった!annoy

と叫んだ。そして続けて

『カマとクワを持ってくるのを忘れた~!誰か持ってきて
くれないか~?up

小学校2、3年生の頃は、その言葉の響きは、何故か耳にと
ても心地よい。 shine私の頭の中の画像は、カマキリとクワガタ
が森の中でザッザク!shineそれを誰かが取りに行かなければな
らない。そうだ、まさに今から誰かがカマキリとクワガタflair
を取りに行くのだ。誰がそこに行きたい?note勿論、家族の中
で最もそこに行きたいのは私に決まっている。lovely私がカマキ
リとクワガタをザックザック取るのだ、うふふ!bleahワハハ!happy01
そこで私は元気よく、happy02

『は~い、はい!私行く!smile私が行く~!私一人で行く~!heart04

すると、母がびっくりして、

『え~?ゆうちゃん、本当に行ってくれるの?大丈夫?じゃあ
はい、これ、鍵ね。key

私は、なぜか

『あれ?なんで、家の鍵?coldsweats02

と心の中で我にかえったようにフト思うと、続けて母が

『ゆうちゃん、二つとも重いけど一人で本当に大丈夫なの?』

私は、その時、完全に我に返り、カマとクワが、カマキリと
クワガタではなく、あの重い重い畑を耕す為の『カマ』と
『クワ』だという事を思い出した。shock

元気良く『私が行く!行く!』と言ってしまった手前、もう後
には戻れない雰囲気!wobbly 私は鍵を握り締め、そのまま笑顔で、coldsweats01

『うん、行ってくる…sweat01

と言ってしまった。父も母も姉も弟も

『ゆうちゃん偉いねぇ~、本当に偉い!』と。

その言葉を背中に受けながら家路に向かった。玄関に用意し
てあった小学校2(3)年生にはかなり重いカマとクワを引きず
りながら長い長い登り坂を登って行った。顔で笑って心で泣
いて…。crying 頂上で笑顔で手を振る父母と姉弟。fuji

ああ、私のカマキリとクワガタ…。crying 私っていったい…<(=o=;)>sweat02

とほほ…sweat02cryingsweat02~~

当時はまだ小さい女の子の小学生がこんな重い危険物を引きずって歩いても安全な時代でした。(横浜にて)
Photo

|

« 家の周りにあるモスク① | トップページ | アブダビの友人にお茶に誘われて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ayuさま、今日は何にする?アーラム「世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知ず  ありてなければ」のページに早速お訪ね下さいましてありがとうございます。
… あれ~、『あいびき』事件なんでしたっけ?すっかり忘れてしまいました。(^◇^;)ゞ

投稿: 今日は何にする?アーラム | 2009年1月10日 (土) 00時09分

これと似たパターンのゆうの話を思いだしました。
晩御飯を作る時に起こった『あいびき』事件です。
思い出したら書いてねdelicious

投稿: AYU | 2009年1月 9日 (金) 21時11分

小さい頃の思い出なんて、殆ど忘れてしまうのに、これだけは、いまだに、あの時の「ああ、勘違い」の動揺と、その時勘違いしたイメージが、フラッシュバックしてタイムスリップしたみたいに現実的に思い出します。トラウマともいうのだろうか…。
なんで、畑に行っているのに、カマとクワがカマキリとクワガタなのかな?でも、いつかこのことを書いてみたいと思っていたので、ここに書くことができて良かったです。

投稿: 今日は何する?アーラム | 2008年12月27日 (土) 11時10分

なんてステキな発想なのかしら~!!
子供ってほんとうに自由な発想をするよね。
私は今だからこそこんな発想ができるような
生き方がしたいと思います!ふふふ
( ̄ー+ ̄)

投稿: GEN | 2008年12月26日 (金) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518330/43499115

この記事へのトラックバック一覧です: 今でも忘れられない恥ずかしい思い出…:

« 家の周りにあるモスク① | トップページ | アブダビの友人にお茶に誘われて »