« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

ついにUAEにも電車が((((◎□◎))))

他の国には、普通にあって、UAEに唯一無いものがある。
それは、鉄道(電車)だ。

ところが、UAEの友人から今年、年賀状が届いた。

UAEの鉄道建設が順調に進んでいるとのこと。

びっくりした!!

ネットを検索してみたら、
「ドバイではドバイ・メトロ(Dubai Metro)の建設が進んでいるが、UAE全体を走る鉄道、エミレーツ鉄道(Emirates Railway)の建設計画~

ドバイ・メトロ(Dubai Metro)のレッドラインにも、シェイク・ザーイド・ロード沿いのモール・オブ・ジ・エミレーツ駅、ドバイ・マリーナ駅、イブン・バットゥータ・モール(Ibn Battuta Mall)駅の3ヶ所で接続する。また、ザ・パーム・ジュメイラ(The Palm Jumeirah)のモノレールにも、パーム入口の駅で接続する。第1フェーズでは9.5km分が建設され、11台の電車で運行する。第2フェーズでは全長14kmに延長され、14台が追加される。2011年4月に完成予定。(2008年4月)

アブダビ軽便鉄道(Abu Dhabi Light Rail)全長350kmになる予定の鉄道は調査段階。(2008年5月)」
とあった。

しかしながら、最近の世界金融危機の影響で(日経の12月2日付夕刊にもそんな記事が載っていた)、UAEもバブル崩壊になるのだろうか…、これで鉄道はどうなっちゃうのだろうか…と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「禅 ZEN」を見て 続きより

喜びも苦しみも涙も…。あるがままに

春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえてすずしかりけり。

この世こそ、浄土でなければなりません。

浄土へ行ってから仏になるのではなく、今生きている自分の中に仏を見出す。

悟りが無限である以上、修行もまた無限である。

汝の中に仏はいるのだ。

禅とは、共に生きること。

すばらしい言葉、メッセージがいっぱいで、心に響きました。

今この世の中だから、改めて自分を見つめ直す機会になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「禅 ZEN」 映画を見に行った。

映画「禅ZEN」を見に行った。
一言で言うなら、とても感動的だった。
本当は1/16までだったらしいが、
大好評で来月まで延長したという。
 
「眼直」 に、に付いているという意味。
 
当たり前の素晴らしさ。

執着を捨て、あるがままに受け入れて生きるという
教えは素晴らしかった。

1200年代の日本の歴史、人物学、民俗学を
知る上でも、面白い映画だった。 続く

禅ZEN     禅ZEN映画の解説と道元禅師の解説

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモはどこですか?

あれは、やはり、20歳代の時の話。

イギリス、スコットランドに行って生活していた。
そこでは、日本のようにレストランやら無いので
自分で料理を作るしかない。
そこで、スーパーマーケットに行くのが楽しくなった。
野菜売り場は、ジャガイモ、トマト、人参、ピーマン、
玉ねぎ、ナスと山盛りで売っている。すっかり料理が上
手になった。そんな生活をしばらくして、日本に帰国し、
スコットランドで好評だった、ジャガイモを使った料理を
する為に家の近所の八百屋に行った。

ところが、八百屋なのに、ジャガイモが見当たらない…。
しかも、どこに行ってもジャガイモが見当たらない。
仕方が無いから、お店の人に、聞いてみた。

「すみません、ジャガイモはどこにありますか?」

お店の人は、「これです。」と指を差した。
私は思わず言ってしまった。

「すみません、サトイモではなくて、普通のジャガイモです。」

お店の人は奇妙な顔をして、

「これが、ジャガイモですよ。」

「えっ?これがジャガイモっ?」
「あの…、もっと大きいのは無いのですか?」

日本には、大きいジャガイモは売ってないとのこと。
日本のジャガイモは、ゴルフボール位の大きさが普通。
西洋のジャガイモのサイズがすっかり当たり前になって
しまったので、日本の野菜には驚きだった。
だから、西洋の人は体が大きいのかな…。

私もイギリスから帰ったら、8kgも大きくなってしまったから…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天地人のドラマで「愛」の前立て

このドラマを見たとき、「愛」という字の前立てに驚きました。この時代に「愛」?

すると、兼続の代名詞ともいえる「愛」の前立ての字の解釈には、「愛染明王(あいぜんみょうおう)」「愛宕権現(あたごごんげん)」への信仰からきたものであるという説があるのだそうです。
 また、戦いに関係のない一般庶民を巻き添えにしない決意を表した「愛民の精神」とみる向きも。

この時代に横のつながりの現代的な愛という意識はなく、縦のつながりの意識しかないのだそうです。この愛染明王は、戦い神様として有名なので、愛という前立てを用いたといわれています。

Photo

愛染明王 直江兼続

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あいびき』事件

友人がいうには、20歳代の頃、友人と夜によく長電話して話した話が、あまりに面白くていまだに忘れられないとの事。
 
私はすっかり忘れてしまったのだけれども。 
当時、母に料理しなさいと言われて、料理をがんばり始めた頃のこと。

母が料理のメニューを決めて、材料を私が買いに行くことになった。
その中に『あいびき』○○gと書いてあった。
当時お米にブランド米が出始めた頃で、私は、『あいびき』のことを『夢つくし』『一目惚れ』みたいな『逢い引き』というお米のブランド名だと思った。
そこで米屋さんに行き、「『逢い引き』はありますか?」と聞いた。
当然、お米屋さんも、『?』で、私は帰宅して「お母さん、米屋さんに行ったけど、逢い引きってまだ売ってないみたいよ」と言った。
母は「あんた、なんで米屋さんに行ったの?」
「だって『逢い引き』ってお米の名前でしょ?」  

その後の母のリアクションはご想像の通り…
(;´ο`)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アラブ首長国連邦の紀伊国屋書店

Photo_2

UAEに駐在している友人からお年賀が届いた。
昨年11月末に紀伊国屋オープンしたそうだ。こ
こで日本語の日本の本が買えるし読めるとのこ
と。
 
文庫本、旅行本、児童書、参考書、マンガ等、
いろいろ揃っているそうだ。ただし値段は日本
の約2倍で高いそうだ(定価743(税別)→50Dhs)
それは本だけに限らず、海外では日本の物はみ
んな無茶苦茶高い。
 
気になるのが、イスラム教のキツ~い人という
のがUAEにもいるが、そういう人達は平気で、
売られている本のページを破ったり、黒いマジ
ックで消しまくったりする(CD,DVD,カセットテ
ープ含)ので、大丈夫かな~ってちょっと心配する。

追伸:アブダビの海も空も本当に、コバルト色の青色
で、最高に美しかった。波打ちサイドにも小魚沢山泳
いでいる。信じられない美しさなのだ。美しい貝だって
みつけることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウノトリが運んだ宝物「子供が出来た!!」

私には凄く不思議な、奇跡的な従兄弟がいる。

その従兄弟というのは、父方の妹にあたる。叔母は4人の子供がいる。女の子が欲しかったそうだ。だが、1人目、2年目と男の子で、3人目こそ女の子をということで、いろいろ民間療法で女の子が生まれるための策を試した。だが、3人目はなんと双子の男の子だった。そんな男4兄弟だが、皆仲が良く、親孝行のいい息子に育った。
 
その従兄弟達も年頃になり、次男が最初に結婚。しかし子供がなかなか出来ず、諦めていた。次男が結婚して6年立って、長男が結婚。しかしやはり子供が出来なかった。いろいろ治療するも子供が出来ずによく泣いていたそうだ。
 
長男が結婚して2年で三男が、3年で四男が結婚した。そして、四男が結婚した時は、すぐに子供が出来た。ところが、なんとその年、次男、長男、三男と立て続けに子供が出来た。
 
つまり、次男が結婚して約10年後に、従兄弟4人の子供が同じ年に全員子供が出来た。
叔母は同じ年に突然4人の孫を持った。
 
そして2年後、また同じ年に、長男、四男と三男に第二子が出来そして最近、次男に第二子で双子が出来た。
親戚達は皆、叔母に言った。
「あんたんところの孫達は、皆、天国で申し合わせて生まれて来たに違いない」と。

…お年玉が大変である。(^。^;)ゞ

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009(H21)年がやってきました

2009(H21)年がやってきました
2009(H21)年がやってきました
2009(H21)年がやってきました
2009(H21)年がやってきました
shineあけおめshineことよろshine
〜と、ティ〜ンエイジャ〜の甥達が元気良
く挨拶した。
これは、『明けましておめでとうございま
す。今年も宜しくお願いいたします。』の
短縮系。四字熟語?
日本人は昔から、四つの文字にまとめてし
まうのが大好きだ。
それにしても、石川遼選手と同じ歳とは思
えない、あまりの違い…(^◇^;)ゞ。
でも、新しい世代の若者から新たな感覚や
ら遊びなども気安く教えてくれる。面白い
ことも多い。
今年も益々善い年をデコレーションしてい
きましょう♪(゜▽^*)ノ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »