« 英語字幕映画『おくりびと』を見に行ったら~ | トップページ | なぜだか、楽しくて仕方がない!!!その理由~~~ »

夢を実現したこのC氏のお話の中で、心に残った事…思った事…

続くより…

「お金が沢山あったら、もしくは沢山溜まってから寄付したいと思っているんですよ。今は寄付するお金が本当に無いですから…」という人がいますが、「~が溜まってから」だったら、永久にそう言い続けて溜まらないからお金が生まれない。今出来ることを少しずつでも、今からやることが重要!そして今から出来る事、毎日10円だけでもよけておくとか…、気が付いてみたら凄い大金が生まれているものなのだ。

私はこの「お金が溜ってから~」という話を聞いて、世の中、いろんないい話や、いいなぁ~と羨ましい夢の様な話を聞いたり、感動する素晴らしい話を知り得る事が出来ても、それを実際に活用したり、役立てて行動を起こしたりということは遠慮してしまうことが多い。「わかってから~」「出来てから~」「理解してから~」「悟ってから~」そいうふうに。概ね、夢が現実に本当に起きてこないというのは、この「~してから…」で終わってしまっていることが多いのかもしれない…。

私達は、その心や魂を震わすような素晴らしい話を聞いたり、知る事が出来たということは、その心や魂を震わすような感動体験が自分にも体験できる可能性があるということかもしれない。それらを聞けた、知り得た、感じた得たということは、可能性の世界のドアを開けられる「鍵」を手にした事になるだろう。

ところが、人は、その鍵を手にすると、鍵を手に入れたことに満足してしまったり、それだけで、あたかもそこがゴールで、「はい、おしまい」になりやすいのではないだろうか…。でも、本当は、その鍵で、可能性の世界のドアのを開け、その世界に一歩踏み出し、歩き出してこそ、本当の幸せや歓喜や夢というものを現実のものとして体感することはできるのではないだろうか…。

だから、今できる何かを「まず、やってみる」ということは、可能性の世界のドアの鍵を開けて幸福や繁栄することが可能になるその世界の中を歩き出すということなのだろう…。

アダムとイブのリンゴの話しは、罪の懺悔や追放などと書かれている文書や描かれている絵画が多いが、旧約聖書、創世記の解釈はそれを手がけた専門家の数だけ内容が変ってしまうから、楽園を離れるときの描写は時代や翻訳者によって全く違うということをある研究者が話しているのを聞いたことがある。

私は、このアダムとイブの物語で、フト思い出したことがあった。
アダムとイブはリンゴを食べるということが、鍵を手にしたということで、それによって、あらゆる事象が展開されている現実世界でも、天国の楽園のような幸福の実がなる可能性の世界を創る事が出来るという世界のドアの「鍵」を開けたことになり、アダムとイブは手を取り合ってその世界の道を歩いていったのではないだろうか…。

【参考】ジョン・ミルトンの「楽園の喪失(Paradise Lost, 1667年。旧約聖書の『創世記』をテーマにした壮大な叙事詩)新井明翻訳」には、最後にうなだれて下を向いて悲しみながら逃げ出ていったのではなく、手を取り合って新たな世界に歩き出したことが書かれている。後に世界がいろいろ変わって、その様々な時代の都合で、解釈する人達が苦悩で出ていく描写を表現したと言われている。

正しい決意の前に不可能はない==ひとたび「このことは善事なり、行なうべし」と決定したる以上は、それを「自己の内に宿る神」の最後の宣告であると思いて断行せよ。それを決行しなければ、人生における苦しみの刑期が延びると思って必ず実行する習慣をつけよ。「断」の前には一切の障害物は影をひそめて平坦なる道となるのだ。(谷口雅春著『生命の実相』頭注版第7巻)

わが魂の底の底なる願いは神の願いである==あなたの魂の底の底なる深き願いは必ず成就するのである。それはあなたの魂の底の底は、神の意識につながっており、既に「神の意識の世界」に成就せるものが、内部から押し出して来て、それがあなたの“夢”となり“願い”となってあらわれて来ているのだからである。(谷口雅春著『新版 栄える生活365章』)

Photo

|

« 英語字幕映画『おくりびと』を見に行ったら~ | トップページ | なぜだか、楽しくて仕方がない!!!その理由~~~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518330/44168780

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を実現したこのC氏のお話の中で、心に残った事…思った事…:

« 英語字幕映画『おくりびと』を見に行ったら~ | トップページ | なぜだか、楽しくて仕方がない!!!その理由~~~ »