« 旧軽井沢に自然散策でタゴールの詩に驚き!! | トップページ | 高峰山自然散策で無茶苦茶美味しいクロワッサン!! »

2009.5.20軽井沢熊野神社へ自然満点の散策

800_3 碓氷峠の群馬県と長野県の境にある熊野神社の境内にある「シナノキ(科の木)」。
長野県指定天然記念物になっており、樹齢800余年と伝えられている。
 
説明版によると、

「信濃にはこの木が多く一説には、信濃は科野なりともいわれる。
 シナノキは、日本特産の山地にはえる落葉高木で、樹皮は繊維が
 強いので布・なわなどの料に用いられた。」

とあり、続いて、

 「シナは、『結ぶ・しばる・くくる』という意味のアイヌ語からき
  たものである。」

と書かれていた。

信濃にはこの木が多く、一説には「信濃は科野なり」とも言われているそうだ。

正面よりも、ちょっと横のこの写真側の方が、この木から何となく大きな気を感じる思いだった。折角だから、そのパワーを頂こうと木を抱きしめてきた。さて、この木のパワーが本当に宿ったであろうか…。           (  ̄^ ̄;)ゞsweat01

|

« 旧軽井沢に自然散策でタゴールの詩に驚き!! | トップページ | 高峰山自然散策で無茶苦茶美味しいクロワッサン!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧軽井沢に自然散策でタゴールの詩に驚き!! | トップページ | 高峰山自然散策で無茶苦茶美味しいクロワッサン!! »