« 長野県小諸「懐古園」の島崎藤村の歌碑に感動!! | トップページ | ラジオやテレビの波長のように同じ波長が引き合うのよね~ »

2009.5.21 熊野神社境内 伊達政宗の発句

2009.5.21  熊野神社境内   伊達政宗の発句
Hoka 1614(慶長19)年、四月末に碓氷峠を登ってきた伊達正宗は

夏木立 花は薄井の 峠かな

と詠んだ。
 
昔、碓氷峠を越えるのはとても難事だったそうだ。碓氷峠は、日本武尊が妻を偲び、吾嬬者邪と咏嘆したと伝えられるという。
この神社の歴史は大変古く、日本武尊が碓氷峠で霧にまかれた時、八咫烏(やたがらす)の道案内で、無事に峰へ達することが出来たので熊野大神を祀ったと伝えられているそうだ。

聞くところによると、関が原の戦いの後、とどめをさすために徳川を追って、仙台方面から中仙道を通って碓氷峠を越えるのはとても大変だっと言われている。
そんな中で、途中に、伊達政宗は、こんな美しいを歌を詠み書きすることが出来るなんて、大将というのは、ただ強いだけでなく、美しい感性と智慧を持ち合わせてないと多くの人を惹きつけられることはできないですよね。

|

« 長野県小諸「懐古園」の島崎藤村の歌碑に感動!! | トップページ | ラジオやテレビの波長のように同じ波長が引き合うのよね~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野県小諸「懐古園」の島崎藤村の歌碑に感動!! | トップページ | ラジオやテレビの波長のように同じ波長が引き合うのよね~ »