« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ウヒョオ〜w(☆o◎)w雨氷!

ウヒョオ〜w(☆o◎)w
ウヒョオ〜w(☆o◎)w
ウヒョオ〜w(☆o◎)w
ウヒョオ〜w(☆o◎)w
ウヒョオ〜w(☆o◎)w
今日も雨氷現象があちこちで幻想的で美しいです。
 
「雪はどうして
光っているのかなあ…
むしめがねで見ると
綺麗なお星さま
まるで夢のよう
そして
ちらちらと
落ちて
道も屋根も
真っ白になる」
 
(小学2年の時、生協の雑誌の表紙に掲載された私の詩)
 
母がコピーして送ってくれて驚きました。

| | コメント (0)

河口湖に珍しい「雨氷/アイスストーム」現象が!!

Photo 2月11日建国記念日の夜、河口湖では不思議な気象現象があった。
地元のタクシードライバーが言うには、「何十年と住んでいるがこんな事は無いよ!」とのこと。不思議な奇妙な美しい現象。

山梨県河口湖では、この日は夕方からずっと気温が氷点下で降水があったのに、積雪はゼロとのこと。それは、上空の気温が高かった為だという。
関東南部では1500メートル付近で0度以上⇒途中で雪はとけてしまい、地上付近の方が逆に低いところもあり凍雨(一度とけた雪が再び凍る)も観測されていたとのこと。

話によると、これは、「雨氷(アイスストーム)」というらしく、日本では6年に1回位しか起きない珍しい現象なのだとのこと。

枝1本、細いものまで全てが5mm程度の氷の膜に包まれる。山形県蔵王では「樹氷」が有名だが、それはマイナス5度以下の現象で、この「雨氷」というのは上空が寒気、その下の中間層が暖気、その下が寒気の時にできるとのこと。

雨氷(アイスストーム).氷点近く、あるいは氷点下に過冷却した雨滴が、地面や地物に凍り付いたもの。木の枝などは表面が滑らかで透明な氷に包まれる。飛行機に雨氷が付着することも珍しくない。いったん降った雨水があとで冷却してできた氷は、たとえ似ていても雨氷ではない。比較的地面に近い高さに、かなりの厚さをもつ氷点下の気層があるのが、雨氷ができる条件である。普通、寒地でしかみられないが、亜熱帯の香港で観測されたことがある。 [ 日本大百科全書(小学館 ] 」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%B0%B7

Photo_2

| | コメント (0)

今日は30cm積もったよ!!初めての体験!!

220202

雪が30cmも積もりました。
去年より多いそうです。
凄いです!!
こんな雪の中で生活は初めてです。
しかも、雪かきなんてしたことがありません。
その道具を持つのも初めてです!
今日は早朝6時から雪かきみんなでやっています!!
わ~~~!凄いです!!

| | コメント (0)

ギャ〜大雪だよ〜\(◎o◎)/

ギャ〜大雪だよ〜\(◎o◎)/
ギャ〜大雪だよ〜\(◎o◎)/
今日の朝方までそんなんまで寒くなかったのに、夕方から大雪ジャンジャン!
もう夜には20㎝位まで積もったよ(°д°;;)/
無茶苦茶銀世界荘厳だぁ〜( ^_^)人(^_^ )

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »