« ラジオ番組「武田鉄矢の三枚おろし」邪悪なものの鎮め方… | トップページ | 日々の祈り ~「観の転換して人生の光明を見る祈り」 »

“武田鉄矢 今朝の三枚おろし”のテーマ「邪悪なものの鎮め方」

…続くより~

“武田鉄矢 今朝の三枚おろし”のテーマは、 内田樹先生の著書、“邪悪なものの鎮め方”です【「邪悪なものの鎮め方 」(木星叢書) 内田 樹 (著) 】。 
文化放送ではインターネットラジオも運営していて、 前の週の5日分をまとめて聞くことが出来ます。 (BBQR文化放送インターネットラジオ  http://www.joqr.co.jp/bbqr/index.php

健全な想念、健全な思いというのは適度にゆらいでいるものである。その思いこそが適当にゆらがなくなったり、ぶれなくなると、それは危ないということになる。

邪悪なものに取り憑かれ易い人:「自分の不幸をものすごく詳しく説明できる人」。

「被害者意識」とは、弱者である私に私を縛り付けることである。
自分の不幸を説明する仮説の正しさを照明することに熱中しているうちに、どのような手段によっても、救済されることがない、それほど不幸であると言う事を願うようになる。

「私はどのような手立てによっても癒されることのない深い傷を負っている」

という宣言は確かに、周りの人々を絶句させ、容疑者に対する様々な権利回復要求正当化するだろう。相対化された優位性は「私は永遠に苦しむだろう」と自己自爆の代償として獲得されるものである。それは実は、自分自身に呪いをかけることだ。

アメリカの公聴会で、ワ~って泣きながら「あなたの作った車が悪いから・・・・」
いろいろ事情があるだろうが、しかし、「あなたの犯した罪は永遠に私を苦しめる」と言った瞬間、その時の同情を全て独占することはできるが、その人は永遠に救われてはいけないという自己の誓願を全世界にむけてしたということになる。これは自分が自分に呪いをかけていることになる。

この話を聞いて、思い出すのが、生長の家でいう、「言葉の創化力」。          これについては、また次回にします。

~続く~
Cimg1344

Dscf9193_3

|

« ラジオ番組「武田鉄矢の三枚おろし」邪悪なものの鎮め方… | トップページ | 日々の祈り ~「観の転換して人生の光明を見る祈り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオ番組「武田鉄矢の三枚おろし」邪悪なものの鎮め方… | トップページ | 日々の祈り ~「観の転換して人生の光明を見る祈り」 »